Mac miniの起動があやしくなり急遽修復!原因はまさかの……?

SHARE

くろかめ嫁のMacはMacに見えないMacだ
嫁、最近の記事はほぼ予約投稿です。
くろかめです😄

昨日も今朝も、事前に書いた記事を記事公開予約設定してた訳で。
後から記事を手直しすることも多いんやけど……
そんな時に起こったトラブルのお話😆

SSD&HDDの構成

・Mac mini SSD(起動専用 / 4年目)
・HDD1-1(データ保存用 / WD製 / 1年目)
・HDD1-2(Dropbox用 / WD製 / 1年目)
・HDD2(Time Machine用 / BUFFALO製 / 4年目)
※1はパーティーション割ってる

てな感じ。

HDDは3年〜5年で交換、パソコンは5年で買い替えと思ってる。

ただSSDは初めて使うため、寿命についての経験値がなく、分からない。

トラブル発生

昨夜ブログ書いてTime Machineでバックアップ取って、電源を切った。

↑基本Windows時代からスリープ運用はしない人です
↑ナナオのアンチグレアのモニタ使いたいからMac mini使ってる
↑仕事上Time Machineでの1時間毎と電源OFF時のバックアップは欠かせない

で、今朝、ブログ記事をちょっと手直ししようかなーと。

1. パソコンの電源を入れた……
2. プログレスバー出て、立ち上がる……
3. ジャーーーン!!!デスクトップ画面出る……
4. iCloudが外付けHDDの写真とか読みに行く……

 

……………

固まっとる。

 

たまにあるんで、しゃーないなーと再起動。

1. に戻る

 

……………

…………………………

固まっとる。

 

あれ、これちょっとヤバない???😱

 

……というところで、ここから長いので箇条書きでいきます(笑)
途中まで普通に書いて、終わらんわ!!!と思った(笑)

1. Mac、iCloud(一部データ外付けHDD)の起動周りで固まる

2. 再起動2回するが症状同じ

3. セーフモードで起動すると成功

起動周りで問題が出たら、とりあえずセーフモード。
これはWindowsも同じ。
Macの場合は起動後すぐ「shift」キーを押し続ける。

セーフモードを使って Mac の問題を切り分ける | Apple

4. ディスクユーティリティからFirst Aidを試みる

Macの調子が悪くなったら、とりあえずFirst AidでSSDとHDDを検証&修復。

Mac – ディスクエラーのチェック – Disk First Aid | PC設定のカルマ

5. メインSSDにてエラー

パーティションマップに問題あるで
起動できへん可能性あるで

マジかーこれかーとドキドキしつつとりあえず置いとく。

6. データ用HDDにてエラー

修復しとるからマウント解除できへんねん

という割にはFinderからは中が覗ける。
死にかけでもまだ息があるのか、軽微なエラー?

7. Time Machine用HDDにてFirst Aidが長い!!!

ファイルシステムの修復中……

小一時間動かん!!!長いわ!!!
でも調べると動いてはいる様子。

8. Genius Barの予約と各方面に連絡

念の為、アップルストア心斎橋・Genius Barの予約を夕方に取る。
iPhoneだとなかなか取れないけど、Macだと割と当日取れる。
そして各方面に、打ち合わせの変更や納期が遅れるかもしれないことを連絡(;_;)

Genius Barの予約 | Apple

9. 一旦置いといてシャワーに入り腹を括る

システムに関わる作業をしてる時は、あれこれ触らないのが鉄則。
焦るし慌てるし凹むし、ドキドキするけど😖

データはデータ用HDDまたはTime Machineの両方にあるので、両方ダメってことはないはず。
となるとバックアップに慌てる必要もなく、ただ終わるのを待つしかない。

シャワー浴びてウェット洗いながら(笑)ぼんやりと……

パソコン生きてる間に次のん買った方がエエかなぁ。

などと腹を括り始める。
修理に出したら5万ちょい掛かることは分かってる。調べたら金額出てくる。
まあ、SSDとHDDの状態をチェックしてから判断したいけどなー。

10. Time Machine用HDDは問題なし

シャワーから出てきたら、なんとすんなりエラーもなく修復が終わってた!!!😆
実はこのHDD、容量満タンになり過去データを削除しながら最近のバックアップを掛けてる状態だった。
※それはMacが勝手に判断してよしなにやってくれる

まさかと思うけどそれが問題か???と思ってたので、違うのか……他のHDDか……と複雑な気分に。

そうなると、修復しとるからマウント解除できへんねんとのたまうデータ用の外付けHDDが一番怪しい。
起動時に固まるのが、そこに保存してるデータを読みに行く最中やし。
まあ、SSDも4年経てばヤバそうやけど。

11. S.M.A.R.T.情報を見たい

S.M.A.R.T.はHDDやSSDに内蔵されている自己診断機能。
「Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology」の略。
S.M.A.R.T.情報を定期的に見れば、壊れる前兆を予測できるかも……しれない。
100%ではないけどね。

S.M.A.R.T.情報を見るツールは、WindowsだとCrystalDiskInfoが有名。
長年愛用してた。でもMacにはない!!!
MacBook AirのWindowsに繋いで実行してもいいけど、取り外して繋いでと大分面倒。

ということで調べてみたら、Macの場合はDriveDXというツールがあるらしい。
早速ダウンロードすべく、再起動することに。

Windows

HDDやSSDの交換時期の目安がわかる「CrystalDiskInfo」| 窓の杜

Mac

S.M.A.R.T.ユーティリティ「DriveDx v1.6」をリリース | AAPL Ch.

12. 一応SMCクリアで再起動&再検証

起動周りで問題が出て、セーフモードでも治らなかったら、SMC(システム管理コントローラ)のリセットを試みる。
原因分かってるしせんでもエエかもしらんけど、なんか一応(笑)
Macの場合は「shift + control + option」キーを押して起動。

すると、無事起動しきった。

そしてまたディスクユーティリティーから、First Aidを試みる。
その間、DriveDXをダウンロード&インストール。

すると、データ用HDDのエラーはまだ出てる。

何度も全てにFirst Aidを試みると……

 

あれ?

3回目でデータ用HDDのエラーが消えた。

 

ネットで「First Aidを数回掛けると治ることがある」と出てたけど、マジやった???

※この時点でアップルストアの予約をキャンセル

13. DriveDXでS.M.A.R.T.を見る

という訳で、一連のエラーはなくなった。
けれども、また起こる可能性も否定できない。
早めに買い替えた方がいいのか、判断するためにS.M.A.R.T.情報をチェック。

DriveDXはインストールしたらすんなり使えて……

 

みんな元気やで!!!😄

 

と。

 

( ゚д゚)

マジかお前!!!

 

でも丁寧に見ていくと、点数が著しく低い項目が散見される。

その全てに「Temperature」と書いてある。

 

Temperature = 温度。

暑いんじゃボケ!!!

ということか(笑)

 

ええええええMac Miniは下のフタ開けてUSBファン回しっぱなしやけど……
と外付けHDD触ったら、ほんのり温かい。

 

あーーーーー。

これですがな……(ーー;)

 

人もパソコンも、急に暑くなると着いてこれないらしい(ーー;)

という訳で、買うべきはパソコンでもSSDでもHDDでもなく。

扇風機でした。

 

というまさかのオチ(笑)

皆さまもお気をつけください!!!

Mac miniとHDD用の冷却パッド
ちなみに、Mac miniにつけてるUSBファンは↓、あと後日HDDに貼る用の冷却パッド↓買い足しました(笑)

SHARE

KEYWORD TAGS

PAGE TOP